テーラーノグチのこだわり

シルエット

重要なのは襟の形、肩、ウエスト位置、ウエストの絞り具合、ポケット位置の6つです。流行によりますが、襟幅は7.5cm〜体型に合わせて調節可能。肩はパッドが入ったナチュラルショルダー、ウエスト位置のマスターパターンもやや高めというのが定番です。ポケット位置もやや高めになっていて、腰ポケットは前丈の3分の2+1cm、胸ポケットは前丈の3分の1+4cmというのが基本です。

仕立て

大切なのは下ごしらえがしっかりされているかどうかです。最終的にはそれが仕立ての美しさに直結し、長く着ても形崩れしにくいスーツを生み出します。特に重要なのは、最高級の芯地を用いての芯据えと、入念なアイロンワークでのクセ取りです。アイロンワークは体のラインに合うよう生地を曲げていき巧みな芯地使いと合わせてスーツの立体感を生み出します。

仕立て

PATRIZIA GUCCI, MICHIKO LONDON KOSHINO, Pierre Cardin, Ermenegildo Zegna, REGATTA CLUB, Yukiko Kimijima 等、既製服も取り扱っております。

  • Wrmenegildo Zegna
  • Paul Smith